スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コタがとーちゃんを呼んだんだ

 3月11日に東北地方を中心に大きな地震がありました。

 とーちゃんの親戚が東北地方に多く住んでいて今でも連絡が取れない親戚がいて凄く心配です。

 そんな中、宮城県塩釜市の親戚は家族も家屋も全て無事だったことが確認出来ました。

 福島県相馬市の親戚は屋根の瓦が全て落ちましたが家屋の被害はそれだけで、家族も全員無事であることが確認出来ました。

 確認できた瞬間、涙が溢れました。

 3月11日、とーちゃんは偶然・・・・・本当に偶然、仕事を昼で終わり、午後から半休を取得しました。理由は、仕事で来年の新人を対象に人事の講師を務めるので、その原稿を作る資料を借り、自宅で読もうと思っていたからです。

 資料を借りて帰宅して、着替えたところで横揺れが始まりました。近くにはコタローがいました。急いでコタローを抱きしめました。そして比較的片付いているコタローの部屋に行きました。

 コタローは何のことだか分からない様子で離してほしがっていましたが、とーちゃんは揺れが収まるまでずっと抱きしめていました。

 コタローが生まれてすぐ、静岡では震度5強の地震がありました。そのときはブリーダーさん宅だったので他にも多くのBUHIちゃんやご家族がいたことでしょう。

 今回の地震では本当に偶然、とーちゃんが帰宅しておりコタローを1人にしないで済むことができました。ばぁばは外出中でしたから。

 もしもコタローが1人でいたら凄く彼は不安だったかもしれません。コタローは人間の言葉をしゃべることが出来ません。だからコタローの不安な気持ちを私は知ることが出来ません。

 でも今、コタローはかーちゃんのベッドの上でイビキをかいています。彼が不安を感じずに安心して今を過ごせているのなら家族として安心です。

 地震発生の直前に帰宅していたこと。偶然かもしれませんが、私が子供の頃に我が家にいた先住犬のコロも見守っていてくれたのかもしれません。コロ、ありがとうね。そしてコタローがきっと、とーちゃんを呼んでくれたんだな。

 多くの方が被災されていますが、1人でも多くの方の生存を心から祈っています。


11031201


スポンサーサイト

コメント

大きな地震でただただ驚くばかりです。
我が家も偶然パパさんが仕事お休みで、地震の時モモと一緒にいてくれました。いつもはモモだけでお留守番だけど、パパがいてくれて本当に良かったです。
私は仕事でしたが、熱海の国道が津波警報で通行止めで、帰れない状況になり不安な思いをしました、、、。
被災された方々へ心よりお見舞い申し上げま
す。

モモさんへ

 コメントありがとうございます。
 お互いに愛犬を置いて留守にする時間は不安が大きいですね。コタローは特に変わりなく過ごしてくれています。それが私たちを癒してくれています。
 未だに連絡が取れない親戚がいますが、生存と無事を信じています。
 今も地震がありましたね。しばらくは落ち着かない日が続きそうですが、メンタルを大切にして過ごして行きましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。